きちんと知っておきたい、子供の扶養控除

意外と知られていない扶養控除とは

扶養控除とは何か

様々な理由で高校生になってからバイトを始めようと思っている方も所得がある事には変わりありませんが、ちょっとした事を気にしておけば、扶養控除で損してしまう事もなくなります。 扶養控除を受けられるためには、どのような事に気を使うべきなのでしょうか。

バイトの収入で扶養控除されるかが決まる

子供の扶養控除を知るうえで、理解しておくべき言葉が一つあります。
扶養家族です。
扶養している、すなわち扶養控除の対象になる家族という意味です。
一人の収入で養っている16歳以上の子、養子、孫、仕事をリタイヤした祖父母などです。
この時、妻は、配偶者控除の対象になるので扶養家族の部類ではありません。
そして、子供が離れて暮らしていたとしても定期的に仕送りをしている場合は対象になります。

家族の中で生活するために働いているのが、父親一人だとなかなか大変なものがあります。
子供が大きくなるにつれて、子供一人にかかるお金もどんどんかかってきてしまいます。
そんな時に母親がパートをしたり、子供がバイトをし始めた時に、注意しなければいけない事があります。
扶養控除の際に支障がないくらいの給料におさえることです。
扶養控除を受けるうえで、これは絶対条件なので、注意しましょう。
16歳からバイトをしていたとしても、学業とアルバイトの両立をするのは正直難しいです。
遊ぶお金を稼ぐための人は、特に、学業、アルバイトのほかにも遊ぶ時間が欲しくなるでしょうから、基本的にアルバイトで年収103万円以上になることは、ないといっても問題はないでしょう。

ちなみに扶養控除の手続きは、お近くの税務署でできます。
年末に会社側が行う年末調整の後にもらう、源泉徴収票と一緒に手続きをするのがスムーズかもしれません。
忘れないうちにやっておくことをお勧めします。

扶養控除対象者なのか確認してみよう

16歳以上の子供がいたとしても、扶養控除に該当しているのか、気になるところですよね。 詳しく中身を知らなくても、意外と簡単に理解できる内容になっています。 難しく考えず、対象年齢の子供がいる方、これからの方に重要なところを知ってもらいましょう。

他にもある様々な制度

扶養控除のほかにも控除は沢山あることをご存知ですか。 扶養制度だけではもちろんないのです。 代表的な医療費控除は利用している人は結構いらっしゃいます。 そして16歳以下の子供でも、様々な制度があります。 知らない人は、この機会にぜひ知っておきましょう。

TOPへ戻る