きちんと知っておきたい、子供の扶養控除

意外と知られていない扶養控除とは

>

扶養控除とは何か

子供のアルバイト

義務教育が終わり、進学か就職かを決める16歳。
今の時代ほとんどの人が高校進学を選択しています。
そんな高校生活の中で、友達と遊ぶお金を自分で稼ぎたい、高校進学をさせてくれた親の為にもとアルバイトを始めた時に、もらう給料で扶養控除の対象外になってしまいます。

給料の上限が103万円ですので、月に9万弱の給料をもらっていると、扶養から外されてしまいます。
その事を隠してしまう人も、過去にはたくさんいたそうです。
しかし今の時代マイナンバー制度が導入されてから、収入を隠したりすることは、不可能になってしまいました。

そして、大事なのは、子供が親の扶養から外れてしまうと、確かに損をしてしまう事はありますが、子供がアルバイトをする理由によっては、学業とアルバイトの両立をしていることは、褒めてあげるべきかもしれません。

収入が多すぎたら

子供の収入が103万円を超してしまった時に、どうして扶養から外れてしまうのか。
思った以上に損をしてしまいます。
金額によっては、所得税が発生してしまいます。
もちろん子供自身が払わなければいけない税金です。

そして、一番の負担と思われるものは、国民健康保険を負担しなければいけないということです。
国民健康保険は130万円を超してしまうと発生します。
簡単にいうと103万円で給料を抑えるか、年収150万以上まで働くかなのです。
150万円以上なら税金や、健康保険を負担しても、損することもなくなるでしょう。

しかし、そもそも高校生は学業が一番大事なのです。
バイトよりもせっかく高校に通うことができているのですから、学業を真剣に頑張るのが先決だと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る